すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

舞城王太郎『ディスコ探偵水曜日』

ディスコ探偵水曜日〈上〉

ディスコ探偵水曜日〈上〉

ディスコ探偵水曜日〈下〉

ディスコ探偵水曜日〈下〉

 ふは〜。読んだ。
 上巻の、ミステリの目玉たる事件の謎解きが、息つくまもなく開陳される怒涛の超絶推理合戦にめまいと恍惚を覚え、下巻の、トンデモ宇宙論に圧倒され、ディストピアにただただ慨嘆する。そしてそれを破壊せんとするディスコの鉄の意志に「かっこいいな」と思った。
 作中でタイムトラベルへのSFの想像力の限界を指摘があったり、クローン技術を用いたより先鋭的なディストピアが描かれていたりと、正直そっちの方へ注意が向いてしまうのだけれど、やっぱりあいかわらずな部分があって、それがやっぱり舞城王太郎の根幹たるオリジナルのムーブメントなんだなぁって思った。それを確認したいがために読んでる部分ってあるよなぁ、やっぱりさ。