すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『ガンダム バトル ユニバース』

ガンダムバトルユニバース

ガンダムバトルユニバース

 買っちゃった。
 ケンプファーに乗れることを期待して購入、および、ジオン軍から開始。しこうして「ポケットの中の戦争」をAでクリアするも、登場せず。なんということだ!あれかSじゃなきゃダメなのかそれともマイナーチェンジ機に乗らなければならないのか攻略ステージが違うのか、うむむむ。まぁ気長にやりましょうか。とりあえず7時間飲まず食わずぶっ続けでやってZには入りました。デラーズ紛争の際は連邦側に転身してゼフィランサスを駆っておりました。ちなみに1年戦争では結局ゲルググJと、ビーム狙撃ばっかです。武器のカスタマイズで弾速と連射性能と威力を上げ、一撃で敵を屠りながら戦場を駆け抜けました。基本、格闘は使いません。このあたり昨今の流行の三木眞一郎/クルツ・ウェーバーロックオン・ストラトスの影響が大きいのか。ちなみに戦場の絆での称号は「狙い撃つ黒猫」です。でもまぁクリスマスは近接格闘機でしたが。
 しかしまぁG-3とノイエ・ジールには本当に何べんやられたか。前者は動きが速すぎてまったく射撃が当たらず、後者はIフィールドに泣かされました。何度も何度も心が折れそうになりました。ゲームバランスを疑いました。PSPは無駄に重く、腕は棒のようでした。しかしあきらめることなくリトライを繰り返し、前者後者ともに、一瞬の勝機を逃さずSPアタックを当てて勝ちを収めることができました。でも時代が変わるごとに乗れる機体が入れ変わるというのは…萎えますね。乗り慣れた機体をずっと使いたい口なので。や、そのあたりはまぁ容量の問題もあるのでしょうけれど。