すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『君に届け』1と2

 正直に白状すると買った。マーガレットコミックス……自分でもなにがおこったのかわからないが買っていた。
 ただ勘違いしちゃあいけねぇ、こいつは、この物語は、一般に流布しているようなありきたりな恋愛メインの少女漫画じぇねぇってことだ。こいつぁむしろどっちかってぇと青春小説だ。恋愛ドタバタじゃなくて青春ドタバタだ*1。ただまぁ使われているモチーフは、どうあっても少女漫画の枠組みを超えることはない。なんというか少女漫画ならではのモチーフばっか頻出する。少年漫画がバトルや処女性との因果から逃れられないように。
 2巻までのストーリーはマイナスだった女の子が0になってまたマイナスになりかけて、プラスになる、っていう感じかな。あとはここから、ただの恋愛漫画になってほしくはないのだけれど、そのあたりのさじ加減に一喜一憂するしかないのかなぁ、とも。さてさて。

君に届け (1) (マーガレットコミックス (4061))

君に届け (1) (マーガレットコミックス (4061))

君に届け (2) (マーガレットコミックス (4094))

君に届け (2) (マーガレットコミックス (4094))

*1:たぶんすごく『とらドラ!』に似ている。表現のフィールドが違うのだけど。