すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

そしてこれが


 散歩という名前の世界観測記録。いろいろ歩いて、歩きまくって身体の感覚を取り戻しました。やんちゃ、しました。写真は両替の際に利用している裏道の桜。桜を撮るとき、花を撮ればいいのか木を撮ればいいのかでずいぶんと悩んだのだけれどけっきょく木を撮ることにしました。冠雪した峰も入れられればよかったのですがなかなか。


 アニメイトは店前の行列に、くじけました。並ぶ勇気はありませんでした。意外にもおれより若いこが多かったみたいで、なかなかにせっぱつまった感じの男のオタクの方が少なく、驚きました。
 そうしておれは自分が世界の中心にいるんだな、と認識をあらたにしたのでした。