すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

石川忠司

極太!!思想家列伝 (ちくま文庫)

極太!!思想家列伝 (ちくま文庫)

現代小説のレッスン (講談社現代新書)

現代小説のレッスン (講談社現代新書)

 続けて読んだけれど、こんなにパンクスな文芸評論家は今の日本では彼・石川忠司をおいてほかにいないのではないのかと、思った。問題意識ってのを与えてくれる。ゾンビから脱出させてくれる。「おれの注釈」もさいこーだ。いや文系な、だったり、文学な、評論家ならほかにもいるかもだけれど。