すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『新線西部軌道』伊藤悠

ウルトラジャンプ 2008年 03月号 [雑誌]

ウルトラジャンプ 2008年 03月号 [雑誌]

 伊藤悠の新作にして連載プロローグとなる読み切り『新線西部軌道』が載っていたのでご祝儀をかねて購入。前半部の大門が上がるとこまではここでも言及したそのままの状態で再録されていて驚いた。これって同じ原稿に、2回も原稿料を払っても構わないっていうぐらいの、ウルジャン編集部の目に見える評価の形のように思えて、なんだかこっちまでうれしくなってくる。
 実際、その描き方も見せ方も、実にセンスがいい。身体の伸びやかな動きや今時の軍装を描けているのもあるのだけれど、なによりもおもしろいのが未来/平行世界であるにもかかわらずそのディテールが我々の世界とどうにも地続きであると感じさせられる説得力を持っていることだ。地名であったりラッセル車の使い方であったり。もちろんこれはマンガでフィクションで嘘なわけだけれどもこういう書き込みの厚みが、「ありうべき未来の東京」を描き出しているというのもおもしろい。女の子がかわいいのもいいし、おっさんに太ったおっさんに定年間近のおっさんというおっさんオンパレードもなかなかいいセンス。女の子に鼻血を出させて決して陰惨な描き方にならないのも「安心」して読める。たぶんこういう作品をウェルメイドっていうんだろうなぁ、と。
 キャラの描き方もさることながら、物語の構造、大きな謎としての城壁都市への反抗という図式を個人ではなく、企業という中間領域で描こうとしている点も興味深い。描かれる視点の位置が低いというのも、いいですね。
 まぁ『皇国の守護者』からの「おれはこんなおもしろいマンガを知ってるんだぜへへへ」系読者さんがいっぱいついてらっしゃいますから、そこはまぁ連載は放っておいても始まるのでしょう。これでウルジャンも読むものが増えましたな。