すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

飛浩隆・新作情報

 前作・円城塔が『Self‐Reference ENGINE (ハヤカワSFシリーズ・Jコレクション)』の帯文にて話題をさらった*1ことで記憶に新しい飛浩隆先生ですが、2008年の一発目はなんとあの野阿梓兇天使 (上) ハヤカワ文庫JA』の上下合本版の解説です。絶対そうです。間違いないです。発売日はまだわかりませんけど。決まってます。この確信は揺らぎません。
 あー、でも、ブログを読み直してみたらそうでもないみたいですね……。
 でももし表紙がかつてとおなじ萩尾望都ならば、こりゃああれだな日本SF大賞コラボだな。すげ。

*1:とくに総文内の三代目とひむかい嬢の間で。