すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『カツラ美容室別室』

カツラ美容室別室

カツラ美容室別室

 こんな感じは、恋の始まりに似ている。
 しかし、きっと、実際は違う。
 カツラをかぶる店長・桂孝蔵の美容院を舞台に淳之介とエリ、梅田さんたちの交流を描く各紙絶賛の最新作。

 初・山崎ナオコーラ
 主人公・淳之介のとっても変な視点で、街と人とその交流が描かれる。その妙な、しかし実に27歳の等身大の視点で、当たり前に起こることただただ当たり前に書いているはずなのに、はっきりとズラしてくる。この異相さ加減は、ちょっとどころか、かなりおもしろかった。構成としてはカツラ美容室別室を中心に、すわ他人でありながら主人公がその人間関係に巻き込まれていく、そのとまどいと距離感の取り方の下手さ加減がまぁなんともうまい。あと、春に始まって春で終わる。ちょうど1年間で起こることを抜き出してくる、その断章の、シーンの切り取り方、省略/要約の仕方も、実に雰囲気があった。だからかなり巧みな構成なのだろう、と。読んでいて全然飽きないのがよかった。あとエンターテイメントのコンテクストで読んでいるのでついついオチを期待してしまうから、チューリップの中の蜘蛛の描写にはぞくぞくきたのに、ラストはあら、こんなやわらかくてうわついた空気感で終わるのね、オープンエンド……、と感慨深く思ったものです。
 たまに全然別の方法で書かれた小説を読むのもいいですね。勉強になります、いい刺激になりました。