すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

奴隷制

 そもそも言葉と物語が不可分だからこそ小説となるのです。

 文法は物語に従属する。
 物語が文法に従属するのではない。
 これが小説の奴隷制だ。
 もちろん、反=奴隷制を唱えるヒューマニズムは必要だろうけれど。
 だけど、あたしがヒューマニストを愛せるかどうかは、また別だ。

「文体>筋」になりすぎてるきらいがあるからなんとかするべき。


 了解、作戦目標を変更/理解する。今回のくそったれ主任務は、長篇なんてどうせおれになんて書けませんよ、という小説=おれという奴隷制の、完膚なきまでの破壊である。ああちくしょうやってやろうじゃねぇか、ああそうだ男の子には意地があんだよっ!