すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『天元突破グレンラガン 5』

 書くことがないなと思っていたのだけれど、あった、ようだ。第12話「ヨーコさん、お願いがあります」 第13話「みなさん、た〜んと召し上がれ」第14話「皆さん、ごきげんよう」の3話いり。どの話もそうなのだけれど、ちゃんとアニメでしかできない演出を、力を抜くことなくやりきっているのがわかって、とても楽しい。海戦のあとに空戦をもってきたり、絶体絶命のピンチを他者ではなく自らの力で乗り切ったりと、手に汗握る燃え展開が目白押し。ニアのキャラ付けも、単におしとやかで括られないように気を遣っているようだし、なによりヴィラルが観ていて愚直いいよ愚直、と思える。物語の大きな謎にも、関連していくようだから今後の活躍に期待かな。
 あと、13話のタイトルは、なんというかニアが死ぬのかと思ってドキドキしたぜ。やるな!ww