すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

ジャンプSQ1月号

ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 01月号 [雑誌]

ジャンプ SQ. (スクエア) 2008年 01月号 [雑誌]

 基本的に善人か姑息な感じの悪役しか出てこないっすね。いいなぁおれもこういうふうに人を信じてみたいぜ。

 原作は読んでいないのですが、久々のフジリュー、カットバックとシーンの切り換えが過激で、漫画でついていくのが大変なのはひさしぶり。それだけで、どきどきした。

 ドリッピング画法のサインは爆笑。るろ剣の話題の後にちゃんと完全版の広告を入れているのも爆笑。……やはり第4部はおれのジョジョ的初体験記憶もあって感慨深い。

 さて、武装錬金を通過して、歴史物へ回帰した和月がこれからいかように闘ってくれるのか。いずれ仮想戦記に絡めて今作の可能性とジャンプイズムからの脱却について書いてみたい。

 と、そんなナイーブで過激な作品を読んだあとでは、この作品の説明くささがくそだと思えてならない。絵はうまいのになぁ。

 おもろい。明らかに視点の位置が低く、主人公キャラの背後にあるのでそこだけ少女漫画で浮いてておもろい。

  • TISTA

 絵の崩し方と表情の描き方が黒ベタとのギャップがあっていい。使い古された戦闘美少女という概念をどこまでブラッシュアップしてくるのか、物語も考えられていることが伝わってきて、なかなか読ませる。あと、描き文字の聖書の引用のようなわけのわからなさが、ただただ説明するよりも空気を作っていて好感度高し。

  • 清く正しく美しく

 絵はいいのだけれど、見せ方にもっと説得力が欲しい。

  • パト犬

 対してこちらは基盤となる戦闘シーンにも設定があり、目的があり、それなりにふむふむと納得できる。戦闘シーンのコマ割り、止め絵もうまくてかっこいいと思えるな。


 あとは読むとこなし。