すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

勝田文の詰め合わせ

あいびき (クイーンズコミックス)

あいびき (クイーンズコミックス)

Daddy Long legs (クイーンズコミックス)

Daddy Long legs (クイーンズコミックス)

 ずっと「文」と書いて「あや」と読むと思っていたのだけれど、「ぶん」なのですね……。
 両方とも読みきりを集めた短編集。全編通して、やわらかくやさしく誇張された伝統文化と、それに準拠する作画に、登場人物の失われた関係性でもって物語を駆動させているあたり、なかなかめずらしい書き手であると、おれは思っているのだけれど、もしかして少女漫画を読んでいないおれが寡聞なだけなのであろうか。岩本ナオも、このあたりと似た路線のように思う。まぁ同じ人に教えてもらったのだから、そうなってしまうのだろうけれど。
 構図でおもしろいなぁ、と思ったのは、ずっと位置が、読者と一緒ということ。読者が知りたいと思ったことを知りたいと思ったタイミングで、丁寧にモノローグ。だから文字が多いのよね、やっぱり。そのあたり窮屈に感じさせないのは、コマの中の、キャラクターの大きさ/距離感と、デフォルメのうまさか。短いから、どうしても駆け足なように感じてしまうのは、まぁ仕方ないのかな。
 だから当分は、これがベストかな。
しゃべれどもしゃべれども (ジェッツコミックス)

しゃべれどもしゃべれども (ジェッツコミックス)

 長くて、間のとり方も丁寧。ちゃんと絵で見せてるし、なにより十河かわいいよ十河。
 連載中の『ウランバナ』も楽しみだけれど…まぁ完結待ちということで。
 で、伝統芸能との親和性っていうのから、下のを品出し中、「うーん、うめぇ選択じゃ」とイラストににんまりしたのでした。
仏果を得ず

仏果を得ず