すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『リンゴォ・キッドの休日』

リンゴォ・キッドの休日 (角川文庫)

リンゴォ・キッドの休日 (角川文庫)

 横須賀の朝、高台の洋館で高級クラブに勤める女の死体が発見された。そして米軍基地内の桟橋沖に沈んだワーゲンからは男の死体が引き揚げられた。無関係に思える二人だが、同じ拳銃で射殺されていたことがわかり、非番だった神奈川県警捜査一課の二村永爾は、署長からの電話で捜査にかりだされることに。所轄と公安、そしてマスコミの目を欺きながら、二村は事件の真相を追うが…。二村永爾シリーズ第1弾。

 ちょwwwwこんなかっこいい日本って信じらんねぇよwww
 春樹とは違った無国籍感に鳥肌。


 文章が、比喩が、描き出される異相の、そしてかつてあった日本の姿が、どこかナイーブな主人公の語りが、ただただかっこいい小説。物語の筋は、ASAVAの言うとおり、人に会って話を訊き人に会って話を訊きのループでしかなくて、どうしてもミステリとしては乱暴であると、冷静になって読み返せばそう思うのだろうけれど、冷静にさせないだけの文章の緊張感は本物で、「わけがわからなくてもおもしろい/かっこいい」と感じさせてくれる。読む、よりも、酔うという感覚のほうが正しいだろう。矜持のなんたるかを、それをびっくりするほどの禁欲さで、圧倒的な美学に裏打ちされた非情さが描き出す。なるほど確かに「おとこのハーレクイン・ロマンス」だ。
 しかしこいつは、凡百のハードボイルドじゃァないんだ。そう断言したくなる、そういう小説。いいものを読ませてもらいました。