すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『このライトノベルがすごい!2008』

このライトノベルがすごい!2008

このライトノベルがすごい!2008

 賀東招二が、というかフルメタが1位とは、度肝を抜かれた。
 ちと、認識を、ライトノベル読者に対する認識を改めねばならん、ということなのか。それとも京アニとのタイアップが評価されたということなのか、実に興味深い現象だ。
 んでそれとは別だが、インタビューに答える賀東招二がうれしそうでさらに笑った。
 しかしそれが以外はあいかわらず読むところがない。コラムとかでちゃんと作家を起用しているとこは、新城カズマのとか、おもろいのだけれど。うーん買うかどうかは悩む。
 あと大森望の寄稿んとこで3人のラノベ作家をあげているのだけれどそれが、桜庭一樹『私の男』佐藤友哉『1000の小説とバックベアード桜坂洋東浩紀『キャラクターズ』というのには笑った。「ライトノベル私小説化」についての、一連の流れとその批評を簡単に把握できる……のだけれど正直「ライトノベル」はもう読んでいないみたいですね、大森さん。いや、そこだけ浮いてて実に啓蒙みたいでああいいなぁと思ったのです。