すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『皇国の守護者5』

皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)

皇国の守護者 5 (5) (ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ)

 完結。以上。
 というわけにもいかない。不満はあるし、なにを考えているのだろうと憤りもした。
 しかし伊藤悠にはここで克ち得たものがあるはずで、それによるオリジナルを待望する。
 天龍の見せ方、新城とユーリアの切れ味鋭い会話、カバーの骸骨、このみっつが特によかった。
 あとあとがきが、どうにも悔しそうだったので、その感情があれば描き続けてくれるだろうと、読者の傲慢ではあるが、安心もした。とりあえず『新線西部軌道』の後編を待ちます。