すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

信念なき行いは、悪以外のなにものでもない。

 ただのライトノベルは、書く気がしない。まったく、しない。
 だから、いろいろと他ジャンルから取り込んで、書いた。その辺は二年前からずっと言い続けている。おそらく「ライトノベル」としては傷だらけだったのだろう。
 まず、読めるかどうか。そして、わかりやすいかどうか。ある種、インダストリアルであるかどうか。
 そんなもんは、くそくらえだ。
 小説は、作者と読者との闘争であるべきだ。読者を驚かせてなんぼ、慨嘆し、狂喜させ、狂おしいほどに続きを待望させる。できるかぎり広範な読者へ向けて、それを、やる。ああそうだ、そして闘うのなら、世界文学と勝負すべきだ。
 回顧主義?再生産?ルーティンワーク?
 それも結構。
 でも、おれはそんなもんとは、とうてい相容れない、認められない。
 いまだに、文章に拘泥して全然長い小説が書けないおれだけれど、それだけは絶対に譲れない。
 絶対に吠え面をかかせてやる。
 おれは負けるのが、大嫌いだ。
 ただもう、それだけだ。