読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

時をかける少女−ワンダーフォーゲル−古川日出男

アニメ 音楽 読書

 中学生のとき、熱心にラジオを聴いていて、それを苦心してカセットにとっていた。
 そのなかにはピロウズやピートベストやブラフマンバンプや、そういった連中が曲名もバンド名もわからずに純粋に曲だけで、残っていた。今はもうテープは伸びてしまっていて音質もぐだぐだで、聞けたもんじゃないだろう。
 でも、おれは覚えている。イントロだけでRECのボタンを押すかどうかを真剣に悩んだ、あの瞬間を。
 だから、おれは覚えている。
 そうか、この曲がくるりか。岸田繁だったのか。



 
 そうか、ナンバーガールのギターが向井秀徳で、かれが、古川日出男と朗読ギグをやった人だったのか。
 ああそうか、だから『ロックンロール七部作』の扉の言葉がくるりのワールドエンドスーパーノヴァなのか。