すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

読書会

象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)

象られた力 kaleidscape (ハヤカワ文庫 JA)

 日向嬢の読書会は、どうやら『夜と泥の』らしい。
 KASUKAはこの作品の名前を聞くと、野田大元帥を思い浮かべる。だってねぇ、やっぱ構築されるのは絵じゃん?白い、女の子の後姿じゃん?違うかなぁ。
 あと、虹釜太郎の「もはや人間ではないウィザードリィ・ブースター・キッズの殺戮目録」(ユリイカ2006年8月号 特集=古川日出男 雑種の文学収録)が思い浮かぶ。そうか「音響派作家」なのかって思い直す、ね。