読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『僕たちは世界を変えることができない』

僕たちは世界を変えることができない [DVD]

僕たちは世界を変えることができない [DVD]

 銀杏BOYZの久しぶりの音源。2年ぶりかな?
 情けない話なのだけれど、ただむさくるしい男たちの単なる音楽クリップのはずなのに、2時間半のあいだ、3度も泣く。涙があふれる。ぼろぼろと泣く。
 ミクシィのコミュで「泣きましたー!」とか「すっごいよかったです」とかいう書き込みにすごく懐疑的だったのだけれど、図らずとも自分でその書き込みを証明してしまった。
 ちなみに、1回目はゴイステのとっても悔しそうな『青春時代』で、2回目はいつかのライヴの『人間』で、3度目は長崎駅の路上ゲリラ弾き語りライヴの『人間』。特に長崎駅のシーンはほんとうに自分が知っている場所で歌っているのがなぜかすっげぇ感動した。たぶん、それは『人間』がある種の聖性みたいなもんを、獲得しているからだとも思う。そんなもんがごろりと長崎駅の陸橋の上に転がっている。それがすっげぇうれしかったんだな、と思った。
 ま、とりあえずメモっておく。