すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『膚の下』

膚(はだえ)の下〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

膚(はだえ)の下〈上〉 (ハヤカワ文庫JA)

膚の下 (下)

膚の下 (下)

 物語の構造そのものは、おそらくさして目新しいものではないはずなのに、それが実に新鮮に感じられたのはやはり、卓越した論理性と、その論理と「アートルーパー」によって恐ろしいまでに「人間」が突き詰められていたからだと思いました。
 そう、恐かったんです、どうやって神林先生がああいう「人間」観に辿りついたのか、その経緯、というか思考の流れを想像できなかったので。……畏敬。


『膚の下』は、実にハウ・トゥ・サヴァイブに富みながらもSF的知的欲求とエンターテイメント性を同時に満たしてくれる傑作でした。小説を読んだ!と叫びたくなるような、そんな作品でした。正直に言えば『言壺』や〈雪風〉シリーズがかすんでしまうほどの衝撃を受けました。
 すげかった……。