すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『SFが読みたい!2007年版』

 飛先生、国内篇1位おめでとうございます!ダントツ1位だったのが驚きました。インタビューはネタばれというよりもずっと次作への煽りの要素が強いように思いましたが。うーん、楽しみです。でも――他の対談や記事などではSFシーンの中でも斬新で結構外れた立ち位置でおもしろいものを書かれているという認識のされ方だったので、KASUKAはSF=飛浩隆って意識だったのでそこも驚きましたな(笑)。
 また鏡明×大森望×前島賢「SFとライトノベル共存できるのか?」の対談がすっげぇおもしれぇ、KAUSKAが過去現在むさぼるように読んでいたライトノベルってやっぱりSF色が強いやつばっかだったんだなぁと再認識。そして現在の嗜好がSFへとシフトしていくのも納得できた。これは武田先生にやはり講義/抗議しに行かねばいけんですな(笑)。あとこういうSF雑誌でライトノベルの話を読むと、きちんと相対化してあってライトノベルという現象の分析がとてもおもしろくてわかりやすいのですな。でも――この大森望の言葉を信じるならば、これからライトノベルで良質のSFを探すのは難しい、のかしら……。うーん自分がなる、と言えないのが残念です……。
 追記:こ、これはwwwww 特に「〜は世界イチィィィィィー!」のくだりは爆笑です!wwwwそれにしてもええなぁー日向嬢(゜o゜)