すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

テレビ『東京タワー』

 寝て起きてぼんやりとテレビを見る,見ている。
 リリー・フランキーが原作の『東京タワー』だ。
 速水もこみちはあんま頭の中身がなさそうだけど,外見がおされだから「きれいな貧乏」ってのをうまく描けていると思う。だからまぁその点ではものっそファンタジーですね。でもそうせんと映像にはできない部分が多いのだろうなぁ男の1人暮らしの末期って絶対(だからそういう意味では森見登美彦の『太陽の塔 (新潮文庫)』は黒くて暗い部分をコミカルに描けていて好感触なんですな)。
 でも,物語のシチュエーションがやばすぎ。
 実家を出てて,日頃親とあんまり交流しないって人にはダメダメな感涙シーンばっかり。ああ人間ってこんな感情もあったのですなぁ……うん,方言もよい,素朴で。