すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『プリン・ガール』

我がプリン娘、短さのおかげか、いろんな人にその場で読んでいただきまして、感想をいただいております。協力してくれた後輩の女の子たち、研究室の女性陣、津雅樹、浅羽優、どうもありがとうございました!
思った以上に好意的に受け止められてよかったよかった、女性陣から「違和感なく感情移入できる」ってセリフが引き出せただけ、今作を書いた意味があったってもんです。
でも津君にはなんかあっさりKAUSKAの好きな女の子像を読み取られているし、浅羽には石川忠司の「ペラい文章が、語りの文章が生み出すドライヴ感がストーリーを生む出すってのを実践してる」ってもろバレwwwww
まぁ古川日出男舞城王太郎がやっていることを取り込むための習作>『プリン・ガール』って感じですので、まぁそういう意味ではうまくいっているのではないのかと、ひとりほくそえんでおりますわwww