すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II PLUS

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II PLUS

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II PLUS

 ……ようやくPLUSモードの終わりが見えてきました。
 変形機体がちょっと使いにくくなっている以外はそれほどの前作と較べても違和感なくプレイできました。
 だからアーケードモードや対戦についてはあまり触れません。正直格闘ゲームの攻略方法なんて練習量とそのキャラクターの特性さえ掴めば、あとはどれだけ動きの無駄を省けるか、その「作業」と化してしまいますのでね。まぁ対人となれば駆け引きとかもあるでしょうけれど、基本そこまでストイックにゲームに取り組む人はそうそういないでしょうからたいした問題ではありません。うんおそらく。
 PLUSモードの激ムズのミッションは色々ありましたが一番きつかったのが、フェイスの対ドミニオン核ミサイルミッション。ブラストのパワー覚醒で僚機をキラ/ストライクフリーダムのパワー覚醒の布陣で挑む。核ミサイルを射程外から打ち落としつつ余裕があったらドミニオンにも通常射撃。指示は突撃⇔護衛を使いわけるといった感じか。これで実は40回近く挑戦して勝ったのがたったの一回。もう同じ条件が整っても絶対にクリアーできる自信がありません(笑)とにかくこのミッションだけは偶然に頼った感の強い勝ち方でしたね。
 まぁ他の要素としては「好感度」なるものがあるのですが(乱暴な表現ですが)誰も出てこないミッションで地道にあげていけば結構あっさりと全員がキラキラして下さいました(笑)
 さてそろそろ切り上げて卒論をやりますかな(ーー;)