すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

『夢を与える』

『夢を与える』
著:綿矢りさ
【初出】文藝 2006年 11月号 [雑誌]

芥川賞受賞後長編第一作って銘打たれてました。
まず残念だったのが文章に言葉に文体に顕著だった緊張感が欠けていることです。いや短編だからできたことなのかもしれませんが,正直今回の文章はうまいんですけれど読みやすいんですけれどのめり込むんですけど,ああ,とか,うう,とかいった緊張感からくる恐さ,みたいなものが感じられなくて残念でした。
KASUKAの嗜好として,やっぱりどこか純文学にはそういう部分,文章の洗練具合やシャープさを求めてしまいます。


構造はすごく単純化すると,子供が大人になる話です。
ただ子供がきちんと大人によって保護されており,それを「芸能界」という視点から描いたというのが真新しいのではないのでしょうか。
その保護を抜けることによって「夢を与える」理想の子供像を脱ぎ捨て,痛みを知った大人になる,という感じでしょうか。ですよね,おそらく。。。