すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

新作②

 1日使って原稿用紙2枚と半分…
 自分でもびっくりするくらいの文章が書けているのだけれど、いかんせん遅い。遅すぎる。
 しかし不思議と焦燥感はない。
 充実して言葉を重ねているのが自分でもわかるからだ。不思議。もうひとり後ろに立っている感覚。
 間に合わなければ誰にも読んでもらえないのにね。