すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

賢者の不動心とは、心の動揺を胸中に閉じ込める技巧に過ぎない。

今日一度に友人を二人、失いました。
よく頑張りました俺。
けどもうそろそろ限界。
黙って小説を読みます。

小説が読まれるのは人の心と違って、すでにそこにあって不変だから。小説が変わったように思うのは、読む人間の心が変わったからだ。

今おれが考えた昔の格言です。