すべてはゼロから始めるために

小説家志望の雑記です。

精霊使いと軌道猟兵(トニトルス)1

kakuyomu.jp
 Twitterのほうでは小出しにしていましたが、カクヨムで連載を始めてみました。『精霊使いと軌道猟兵(トニトルス)』の1話、よろしくお願いします。






 ここ二年ほど、冬が近づくと仲良くなった人との関係を手づから破壊するようなふるまいを繰り返していて、いい加減ちゃんとしなきゃなと思ったので、応募用の長篇を一旦休止して短期間で走り抜けられそうな企画を考え、それに集中することで、冬のそういうふるまいを封印することにし、どうにか成功した。これぞまさに自己陶冶である。

11月の読書のまとめ

読んだ本の数:8冊
読んだページ数:1515ページ

普通の本屋を続けるために 感想 久禮 亮太 - 読書メーター
■普通の本屋を続けるために
 日々の荷物に殺されないようにするというのは確かになぁとなりました。読了日:11月29日 著者:久禮亮太


■公正的戦闘規範 (ハヤカワ文庫JA)
 表題作がズバ抜けてすばらしい。技術と人間性の摩擦が見事に表現された1作だと思う。そのほかの短篇も新しい技術が一般化していく過程で、人の手を離れ加速していく様を期待を乗せて描いており、デビュー作の頃より通底している姿勢なのだなと気がつかされる。読了日:11月27日 著者:藤井太洋


宝石の国(8) (アフタヌーンKC)

宝石の国(8) (アフタヌーンKC)

宝石の国(8) (アフタヌーンKC)
 ダイヤの発言が衝撃であり、設定の大ネタが明らかになりつつも、そこに主眼をおいていないことも明らかになってきたように思う。読了日:11月24日 著者:市川春子


ヴィンランド・サガ(20) (アフタヌーンKC)
 苦難の道をどう切り抜けていくのか、単純な暴力の能力が高いがゆえにこういう環境を設定しないと盛り上がらないというのがトルフィンの大変なところなのかなぁと思った。読了日:11月24日 著者:幸村誠


■先生とそのお布団 (ガガガ文庫)
 こんなつらく悲しい物語を読ませられるとは思わなかった。こんな道を歩き続けるためには、やはり同道者が助けになるのだなと先生と布団の関係をうらやましく思い、何より石川博品レベルですら何者でもないとか言われたらと思わず自分を顧みて読むのが進まなかった。たいへん切実な、いい私小説でありました。読了日:11月24日 著者:石川博品

 

エドウィン・マルハウス (河出文庫)
 こっわ、というのが読後の最初の感想。芸術家ってこわい!読み始めは濃密な描写につぐ描写で、はは~んこれは読者の記憶を刺激してゲシュタルト崩壊を起こさせて幻惑させるためだなと思って読み進めていたのだけれど、きっとそれは違っていてエドウィンがすぐそばにいるような感覚を得るためで、そう思ったところであのラストである。こわすぎである。そして「復刻版によせて」がにくい作りになっている。ここに全部書いてあると認識するころには術中にはまっているわけですよ!笑 読了日:11月22日 著者:スティーヴン・ミルハウザー


恋は光 7 (ヤングジャンプコミックス)

恋は光 7 (ヤングジャンプコミックス)

■恋は光 7 (ヤングジャンプミックス)
 つに完結。よかったよかったという感情と、なるほどなーという納得と、あとがきに対して、ええんやで10年後の彼らとか描いてくれてええんやでという感情が渦巻く。読了日:11月19日 著者:秋枝


■吉田同名 -Sogen SF Short Story Prize Edition- 創元SF短編賞受賞作
 おもしろかった。ワンアイデアをしっかり考察して描くことでめちゃくちゃ読ませるSFになっていた。淡々とした語り口が説得力を増していたように思うし、時にくすりと来てよかった。読了日:11月01日 著者:石川宗生
半分世界 (創元日本SF叢書)

半分世界 (創元日本SF叢書)

 このタイトルを収録した短篇集がでるらしいので期待している。


 あとはドラマ化の話を聞き、懐かしくなって思わず『電影少女』をまとめ買いしてみたが、要所要所のシーンしか覚えておらず、たぶん床屋の待合室で飛び飛びで読んでたんだろうなぁ。最終巻にまとめられている恋のエピソードが好みだった。
 そのほかに大量に異世界転生もののコミックを読み散らかした。実作に反映できるといいかなと思っているが疲れからくる単なる消費であったようにも思った。

やつはみ喫茶読書会四十七冊目『エドウィン・マルハウス』

 やつはみ喫茶読書会四十七冊目スティーヴン・ミルハウザーエドウィン・マルハウス』@半杓亭

  • 日時:2017/11/25(土)開始16:00 終了17:30
  • 課題図書:スティーヴン・ミルハウザー 岸本佐知子訳『エドウィン・マルハウス』河出文庫
  • 作品内容:天才作家エドウィン・マルハウスは、傑作『まんが』を遺して11歳で夭折した。誕生から彼を見つめつづけた親友ジェフリーは、その評伝を残して姿を消す。捨てられた遊園地、マンガ、アニメ映画、ローズへの恋……。ダークで濃密なコドモの世界を、幾重もの仕掛けとともに描いた傑作長篇。
  • 場所:半杓亭
  • 参加費:お茶おやつ代1000円(この会でしか食べられない、おいしいおやつがでますよ~)
  • スケジュール:読書会16:00-17:30 二次会18:00-20:00
  • 定員:12名。要予約。開催の1週間前までにご連絡ください。定員に達した場合も告知いたします。またキャンセルされる場合はなるべく早めにご連絡ください。当日キャンセルをされる場合はキャンセル料をいただきます。あらかじめご了承ください。
  • 予約先:初めて参加されるかたは、yatsuhamicafe.reading(at)gmail.comに1.お名前と2.ご連絡先、3.過去に読書会に参加したことがあるか、4.アルコールの出る二次会の出欠を記載の上、ご連絡ください。※2、3日経ってもメールの返信がない場合はお手数ですが迷惑メールフォルダをチェックされるか、こちらの記事にメールした旨のコメントを書き込みください。
  • Twitterhttps://twitter.com/yatsuhamibook
  • 今回より翻訳ミステリー大賞シンジケートさんに、下記サイトにて告知の後援をしていただいております。ありがとうございます。

honyakumystery.jp

翻訳ミステリー大賞シンジケートさんのサイトにて、四十七冊目のレポートを掲載いただきました。ご覧ください。
honyakumystery.jp